美楽薬膳Diary

本場中国の上海中医薬大学国際教育学院で学んだ中医学、薬膳、宇宙の根源である裏・陰陽五行論と宇宙の法則との関連性をテーマに”真の幸せとは何か”を実体験を基にお伝えしていきます。柴犬モモタロウと男の子のママ☆

運命が一気に動かされる時③〜禁断の「過去の感情バケツ」を開けてみたら、実はゴミなんてないことに気付いた〜

f:id:rrryo719719:20180315160905j:plain

こんにちは、Ryokoです。

今日はポカポカ陽気、

ちょっと庭で土いじりしてみました。

 
そろそろお庭にどんなハーブを植えてみようかな♡
考えるのが楽しいですね(´▽`*)
 
 
この運命が一気に動かされる時シリーズ、
たくさんコメントいただきまして
ありがとうございます☆
 
 
今、過去のことを洗いざらい、そして軽〜く
お伝えできるのは「過去はどーでもいい」と
気付いたからです。
 
 
ただ、私にもそこに至るまでの葛藤はありました。
では、どのような経緯でそこに至ったのか?
いよいよ続きです!
 
 

 

 
前回まではこちら↓
 

bigakuyakuzen.hateblo.jp

 

bigakuyakuzen.hateblo.jp

 

 
 
ゴメン、Kさん(私の旧姓)。
今月末までということで・・・。
 
 
は?
 
 
当時、上海市場はアメリカ経済の影響をモロに受け、
かなり混乱していました。
 
 
日系の化粧品会社に勤務していた私。
日本人スタッフは私と社長だけ。
 
ローカルスタッフと比べると、日本人ということで
人件費が数倍かかってしまうんです。
 
 
またOEM生産していた工場での発注額が一気に値上がり、
どこかで削らないとけない状況になっていました。
 
 
 
 
事情を知っているだけに、何も言えませんでした。
今思えば、感情を出してバンバン言えばよかったと
思うのですが、当時の私はまだ"もの分かりのいい子ちゃん"。
 
 
分かりました!
そういう事情なら。
今まで本当にありがとうございました(笑顔)。
 
 
。。。。。。。。
 
 
 
一人家に帰っても何か寂しくて。
ショッピングモールを閉店まで、ただウロウロしていました。
 
なんでこんなことが起こるんだろう・・・。
 
 
 
職なし・・・か。
早く次を見つけなきゃ。
 
 
 
こんなことを思い、退職までの日々を悶々と
過ごしていました。
 
 
しかし、これはまだ悲劇の始まり。
 
この一ヶ月後に大金が吹っ飛び、
また二ヶ月後に家を追い出される
ことになろうとは
知る由もありませんでした( ;;)
 
 
そんな中、今回のことは社長も申し訳ないと思っていたらしく
 
 
「就労ビザは引き続き出せるし、できることは何でもするから」
「ご飯美味しいところあるから行こうよ!」
 
 
色々と誘ってくれ、心のケアをしてくれました。
 
 
でも
 
 
何か心にポッカリと穴が空いたような日々。
日本に帰ろうかな、上海にいてもしょうがないし。
でも、こんな独身女、日本で通用するのか・・・。
 
 
 
どんどん弱気になってく。
どんどん気持ちが下がっていく。
 
 
 
こりゃいかん!と。
 
 
ヨガと瞑想はインド・リシケシで習っていたので、
それをひたすら行う日々。
 
そんなある日、ひとつの言葉が目に止まります。
 
 
すべての出来事は必然である
 
 
 
 
あ!!!
根っこにある感情に気付くんです。
思い出したといったほうがいいかもしれません。
 
それを「そもそも」に当てはめてみました。
 
 
 
★そもそも、何で上海に住んでるの?
 
答え→
父の膠原病を治すきっかけが中医学(漢方)に
あるかもしれないと思ったから。
 
また幼少の頃からやたら陰陽五行図に
惹かれるのは何でなのか知りたい。
 
 
現状は→
仕事しないとビザがなくて住めない。
よって何もしてない。
 
 
★そもそも、どうしたいの?
 
答え→
孤独で寂しい。結婚すれば解決できるんじゃ
ないの?(そう勝手に思っていた)
 
 
現状は→
でも、結婚したいようなしたくないような。
 
 
それはなぜ→
父を結婚相手とその家族に見せたくない。
 
 
 
総合的な答え→
「父」と「中医学」だと分かったんです。
 
 
 
この時、無職ということは「中医学」を習える環境ができたんだ!
気付くことになります。
 
 
だって、社長が就労ビザを出すと言ってくれてる!!
ここでやっと、一筋の光が見え始めるのです。
 
 
ただ
 
「父」
 
 
この言葉を聞くだけでうって苦しくなるほど
全く向き合えない私。
 
 
でも
 
 
もう、向き合う「必然」の時なのかもしれない。
ここで覚悟を決めます。
 
 
 
すぐに現状を変えたいと思った私は、
ハイリスク・ハイリターンの自身をスパルタ的に
追い込むという強行手段を決行することに。
 
 
 
その名はヴィパッサナー瞑想
 
とことん自身の中を観る、内観瞑想です。
 
 
瞑想には大きく分けて「内観」と「上書き」が
あります。
 
 
カラダを入れ物と捉えます。
ここではバケツとしましょう。
 
 
そのバケツの奥底に詰まっているものが考えや行動を
ブロックし、自己否定にしているのでそれを取っ払う
方法です。
 
 
 
 
 
「内観」はこんなイメージ
 

f:id:rrryo719719:20180315174157p:plain

 
ゴミが溜まりすぎてパンパン!
汚臭が漂うので、とにかく避けたい!
と臭いものにフタをしてしまうんです。
 
ゴミという過去のイヤな記憶が臭いの元なので
ゴミそのものを取り去ればOK。
そうすれば過去はなく、今しかないということに
なります。
 
内観瞑想は最初は数日、道場などで行うものが多いです。
その後、自宅で続けていきます。
 
 
ゴミを捨てる時、葛藤を伴うことはあるものの、
効果が早く現れやすいです。
 
 
 
「上書き」はこんなイメージ

f:id:rrryo719719:20180315183031j:plain

 
奥底にべったりとこびりついた過去の感情を
無理に取り除くのではなく、
「今」という光を当て徐々に自然乾燥させ、
剥がしていく方法です。
 
 
「今」にだけフォーカスするというのは、
五感を研ぎ澄まし、イヤなことをせず
楽しいことしかしないということ。
 
 
またはイメージ誘導し、「今のアナタはすばらしい」
という光を当て続け、やはり自然に剥がしていきます。
 
 
 
 
 
こちらは日常で雑音や情報に惑わされない
環境作りと続ける覚悟が必要です。
 
ただ、日常から離れないため、
効果は徐々にでてきます。
 
 
 
どちらが合うかは人それぞれ。
試してみて、ご自分に合う方法を見つけてください。
 
 
 
++++  ++++  ++++
 
 
その後、退職した翌々日が新月。
早速、伊丹空港へ到着、京都に向かいました。
毎月、新月と満月の10日間のコースが始まります。
 
 
 
私が参加したヴィパッサナー瞑想は数ある内観瞑想の中でも
スパルタなタイプです。
 
 
 
 
どうスパルタなのかというと
 
朝6:00から20:00までひたすら座禅、
シャワーと食事であとは寝るだけ。
 
参加者同士での会話、アイコンタクト禁止。
外部とのコンタクトももちろん禁止。
携帯、ペン、紙などの
コミュニケーションツールはすべて
預けなければいけません。
 
 
 
感想は・・・
 
 
・・・ヒマすぎる・・・。
 
こんなに私たち人間の日常は情報があふれているのかと!
情報がないと、こんなにヒマなのかと!!
衝撃的でした!
 
 
ただ、三日目まではまだ余裕。
自身と向き合う、気持ち良さすら感じます。
 
 
 
しかし!
四日目の朝、ついに奥底に沈んでいたものが姿を現します。
 
 
それは父でした!
ついに来たか!!!
 
 
次回に続く。
 
今日も読んでいただき、ありがとうございます♡