美楽薬膳Diary

本場中国の上海中医薬大学国際教育学院で学んだ中医学、薬膳、宇宙の根源である裏・陰陽五行論と宇宙の法則との関連性をテーマに”真の幸せとは何か”を実体験を基にお伝えしていきます。柴犬モモタロウと男の子のママ☆

お悩み相談へ駆け込む前に。あなたが100%信じているのもの”が”あなたが見ている世界”。では、あなたは何を100%信じてるの?感覚だけ信じていれば知識って必要ないの?

f:id:rrryo719719:20180718171127j:plain

こんにちは、Ryokoです。
 
今日は久々に落ち着いた1日を過ごしています。
 
6月下旬から一気に「お片づけリスト」が
舞い込んできて。
 
 
 
★免許更新
 
★モモタロウのフィラリアと狂犬病
 
★ジジババ関係色々
 
★庭の入れ替え、ハーブ植え
 
★子供の検診、予防接種、
 それに関わる手続き、書類作成
 
 
 

 

 
 
それに加えて、フラメンコの練習!
 
すぐに忘れてしまうので、
レッスンが終わった直後から
動画を撮り、カラダに染み込ませています。
 
 
 
昨日はその最終日!
朝からドタバタと秒刻みで動き、
汗だくの1日を終え・・・・。
 
 
 
今日はひっっっさびさのOFF!
完全OFF!!!
 
 
 
あ〜〜〜、ゆっくりヨガしたり、
庭で採れたハーブでランチ作ったり
 
 
 
 
 
た〜〜〜のしいな♡
 
 
 
 
私の喜びは、
世界放浪ひとり旅していた時にも感じたのですが
 
 
 
ひとり時間が好き
 
 
ということ。
 
 
自分と向き合えるほど、
自分を満たしてあげるほど
贅沢でステキな時間はないな、と。
 
 
その上で共有できるお仲間と出会えたら、
自分軸がひとり時間で整った上での出会いなので、
会話が弾むんですよね☆
 
 
 
 
 
 
 
 
さてさて。
 
 
 
 
そんな怒涛の日々の中でしたが、
過去の生徒さんからお悩み相談が。
 
 
 
 
 
◯◯と△△はどちらを選ぶかということについて。
 
 
Ryokoさんは今までの知識や思考が
”今までの私”を創っているので、
それを取っ払ってこっち!という感覚で
選んでくださいとのことですが、
 
 
それを選んだら、大失敗してしまいました。
友人からもそっちを選ぶのはありえない!と
叱られてしまいました。
 
 
やはり私の感覚が鈍いようなので、
それだとやはり無理で、そうであれば
知識で判断し、選んだほうがいいのではないかと。
 
 
 
 
 
 
 
 
このような質問でした。
お答えする前に、”あなたが見ている世界とは”について。
 
 
 
あなたが見ている世界は、
あなたが100%信じているものしか
存在しません。
 
 
 
ようは
 
あなたの世界は
あなた本人にしか創れないし、
認識もできない世界なんですね。
 
 
 
例えば
 
 
机の上にPCがある(はず)
 
 
そう認識しているからPCがあるんです。
絶対あるはず!と100%信じているからあるんです。
 
 
もし、PC明日貸して〜と家族に言われていたとしたら?
どこかに持ち出すかもしれないですよね。
ここで信じる度100%ではなくなりますよね。
 
 
翌日になってこの目で見るまで、机の上にあるかどうか
分からないということです。
 
 
ようは「PCがない世界」に
なっているかもしれないということです。
 
 
 
 
 
 
 
はい、ここで本題。
 
ブログのタイトルに3回も”あなた”
ありますよね。
 
そして質問の文中に”私”が2回ありますね。
 
 
 
この場合は”私”と”あなた”は同じ人ですよね。
 
 
 
 
では、タイトルと文面に当てはめて、
答えを導き出していきましょう。
 
 
文中の”やはり”は”自分の感覚の鈍さ”とつなげてますよね。
 
 
 
 
 
 
 
 
やはり私の感覚が鈍いようなので、
それだとやはり無理で、そうであれば
 
知識で判断したほうがいいのではないかと。
 
 
 
 
 
やはり感覚が鈍い
やはり無理
 
 
 
 
この”やはり”が信じているものですよね。
 
 
 
それが100%に達しているので、
100%無理という現実が起きた。
 
 
それだけ。以上。
すごくシンプルですよね。

 

100%の”感覚が鈍い”と思っている%を下げれば、

その現実が起きにくくなっていき、0%になれば

”起きない”という現実しかないということです。

 
 
 
 
 
 
 
 
 
結果
 
”大失敗してしまいました”
 
 
 
その”やはり”に対しての大失敗の後付けとして
 
 
友人から〜
 
とか
 
知識で判断したほうがいい〜
 
 
という”やはり”の自分を正当化する
材料になります。
 
 
 
 
 
 
ようは、自分で出している答え→
 
 
やはり私は感覚が鈍いと100%信じているので、
100%感覚が鈍いと信じている現象が起こった
 
 
 
なんです。
 
 
ここで大失敗しても、大成功しても
感覚と結びつける必要ってないですよね。
 
 
あ、失敗か、で終わる人もいるでしょうし、
やはり〜と一個一個意味を掘り下げて
 
自分の感覚の鈍さを100%にする”理由探し”を
していくんです。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
では
 
 
自分の感覚が鈍いという%を100から20に
してみたらどうでしょうか?
 
それは”感覚が鋭い”を
80%信じてみるということです。
 
 
逆にやはり”感覚が鋭い”から
失敗する確率は少ない、つまり
 
 
 
やはり感覚が鋭いから〜の現実が
80%起きるということです。
 
 
80%起きるって?
5回のうち1回は外れるといったところでしょうか?
”やはり”ほぼほぼ当たるということですね。
 
先ほどの反対ですね。
 
 
 
 
で、結論
 
 
自分の感覚が鈍いと100%信じている人が
自分の感覚でバンジーして大失敗したら、
 
”やはり”という理由探しをして
 
”やはり無理だ”に落ち着いてします。
 
 
その”やはり無理”のループから抜け出すには
 
100%無理の%を下げて、最低でも50ぐらいまでは下げて
50:50なので、いけるかも♡
 
 
ぐらいに持っていかないと、”やはり無理”が続くだけです。
 
 
 
 
でね
 
 
 
知識は必要なのか?ですが、
 
 
 
「感覚がまだあまり信じられない、
またはそのこと自体について知らなければ
”知識”で判断すればいい」
 
 
 
です。
 
この世界にあるものは、すべて必要だから存在しています。
なので感覚で判断できないものは、それに頼ればいいんです。
 
 
ま、その知識を信じる信じないも最終的には感覚に
なってくるのですが・・・。
 
 
私も子供の離乳食開始時期で悩みました。
情報と知識が溢れすぎていて。
 
 
でも、その中で一番しっくりする感覚
「西原式」を選びました。
 
 
結果、めっちゃラクだし夜泣きやイヤイヤ期はないし、
元気にそのもので成長しています☆
 
 
これは100%西原式がいいと信じているから。
だから100%大丈夫という現実があるだけ。
 

もし、30%しか信じてなかったら、
やはり70%のダメなんじゃないの?という
現実が起きているはずなんです。
 
 
夜泣きとかぐぜりとかで悩み、
”やはり〜”となっているでしょうね。
 
 
 
というワケで
 
 
感覚を研ぎ澄ますトレーニング中は
知識と感覚の%を色々と工夫して、
人体実験やってみたらいいです。
 
 
精度を上げていく訓練をしていくと、
いちいち知識を入れなくても分かるので、
時短で生きるのがラクになってきます。
 
 
だいぶ感覚が研ぎ澄まされてきたら、
 今日は感覚70%、知識30%でいこうとか。
今日はなんかだるい、感覚40%、知識60%でいこうとか。
 
 
 
そんなアバウトな感じで、
感覚&知識とお付き合いしていけば
いいのではないでしょうか?
 
 
 
正解はない。
どこの世界を見たいかをあなたがピックアップして
信じる精度を上げて、望むものが100%になったら
目の前に現れる。
 
 
今日も読んでいただき、ありがとうございます♡