美楽薬膳Diary

本場中国の上海中医薬大学国際教育学院で学んだ中医学、薬膳、宇宙の根源である裏・陰陽五行論と宇宙の法則との関連性をテーマに”真の幸せとは何か”を実体験を基にお伝えしていきます。柴犬モモタロウと男の子のママ☆

「気遣い」「人助け」できない人はダメ? それは余裕から?それとも我慢から?

f:id:rrryo719719:20180124155607j:plain

こんにちは、Ryokoです。

雪解け道をモモタロウの散歩をしていたら、ふきのとう発見。

上にボンボンくっつけて、一気に持ち上げました!って感じがかわいい♡

 

ふきのとうを見ると

 

来るべき時が来れば「おいしょ!」と”雪という重圧”を持ち上げられるパワーが出る。

 

これは人生でも同じこと。

時期を待つしかない時がある。

 

 

最近、人の波動についてお話される方に出会いました。

「波動レベルは自己中は低い、利他で生きている人は高い」と。

 

ごもっともなことを言っているようですが、違和感が・・・。

 

私はこのように解釈します。

 

「自己中はダメだと思って生きている人は波動が低い、なぜなら自己否定に入っているから。」

 

「自己が満たされれば、利他も同時に助けることになるので、結果、波動が高くなる」

 

ようは自己→利他の順です。

そもそも自己と利他の境界線ってないですからね。

 

自己に厳しい人は、利他にも厳しい。

自己を愛せない人は、利他も愛せない。

 

まずは自己中で生きてください。

そうすれば、すでに全てとつながっていたと気付くから。

そして他人に手を差し伸べずにはいられなくなる。

だって、私たちはひとつですから。

 

++++  ++++  ++++  

 

 

自己肯定感

自己愛

承認欲求

自己否定感 

五感で感覚を味わう

 

これらはただのエネルギーです。

全然難しく考えなくていいんです。

 

私たちの心も世の中の動きも、すべてエネルギーバランスで出たり入ったりしているだけ。

そう捉えれば、簡単に理解できるんです。

 

 

例えば

AさんとBさんがいたとします。

二人ともちょうどよいエネルギーバランスが1000だとします。

 

Aさんの今日1日のエネルギーは・・・

 

①本当は自分が座りたいのに、我慢して人に譲る ー200

②人から褒められ、自己肯定感や承認欲求を満たす 300

③愛犬を抱っこしてフワフワした肌触りや表情に癒される 100 

④食べたい!と思ったものを食べておいしい〜〜☆と感じる +150

 

合計すると1350ですね。

ということは、+350利他のために何かできる余力、つまり余裕があるということなんです。

 

 

では、同じようにBさんの今日1日のエネルギーは・・・

 

①本当は自分が座りたいのに、我慢して人に譲る ー200

②お昼は感覚を無視。コンビニにいく同僚に「なんでもいいから」と頼む 

③断れる状況なのに、いい人と思われたくて引き受ける ー200

④カゼ気味で早く帰りたいのに、引き受けた仕事で長引く自分にイライラー300

 

合計すると00ですね。

ということは、ー700が不足しているんです。

 

我慢したために、感覚を無視したために不足しているということは、どこかで補わないといけないということになります。

 

これが日々の「チリ積も」となり、数年、いや子供の頃からず〜〜〜とこんな生活していたらどうなってしまうんでしょう?

 

 

補うことに必死ですね。

人助けしている場合じゃない。

自分助けが優先ですね。

 

これが

承認欲求、自己肯定感を求めるという結果なんです。

 

 

++++  ++++  ++++

 

 

だから

 

 

ず〜〜〜と我慢と気遣いで生きてきた人。

「自分より人のために生きるのが素晴らしい」と言われて生きてきた人。

人助けをしているのに、一時的にしか心が満たされない。

他人との分離感を感じ、見えないところで攻撃してしまう。

そんな自分をまたジャッジしてしまう。

 

そんな人は、エネルギーバランスを1000に戻してください。

どうか自己愛を満たし、承認欲求バリバリに生きてください。

 

好きなものを買って、五感を満たして、私を認めて!と生きてください。

 

どんなに周りがうるさく言おうと

アナタのエネルギーはアナタの感情は、アナタにしか分かりません。

 

実は・・・

 誰も見ていなければ人助けしたくない。

他人はどうなってもいいと思っている。

 

もし、そうであればそれを認めてください。

まずは自己を満たすことを許してください。

私は本当はこんな人!って豹変してみてください。

 

ふきのとうのように

 

来るべき時がきたら「自己否定」という重圧を払いのけ

「余裕」という芽が出てきますから。

 

 

今日も読んでくださり、ありがとうございます♡