美楽薬膳Diary

本場中国の上海中医薬大学国際教育学院で学んだ中医学、薬膳、宇宙の根源である裏・陰陽五行論と宇宙の法則との関連性をテーマに”真の幸せとは何か”を実体験を基にお伝えしていきます。柴犬モモタロウと男の子のママ☆

労働条件の折り合いは絶対つかないカラクリ。雇う側と雇われる側の目的って?

f:id:rrryo719719:20180627135737j:plain

こんにちは、Ryokoです。

 
関東はすごい強風&晴天ですね。
なんか夏至を過ぎて、一気に浄化が進んでますね☆
そしてものすごく眠い!!!
 
 
今日は講座の生徒さんから、お悩み相談について。
お仕事の悩みです。
 
 
 
 
 
++++  ++++  ++++
 
 
 
質問:
労働条件の折り合いがつきません。

 現在、小さな個人経営の会社で働いています。

元々社長は知り合いで、良好な関係でした。

2年目になり、1年目より仕事の量も
責任も増えていきましたが、
でも、福利厚生や労働条件が全然良くならないんです。
最近はなんとなく関係もギクシャクしてきたような気も・・・。
 
 
 
このような質問でした。
 
回答は・・・・。
 
 
 
 
 
とその前に
 
 
 
 
 
 
まず、一旦整理して考えてみましょう。
 
 
 
会社には2種類の人間しか属してません。
 
 
 
 
 
雇う側、つまり社長
雇われる側、つまり労働者
 
 
 
 
 はい、ここでお互いの仕事に対する
 
 
 
「目的」があるはずですよね。
 
 
 
それが何なのか、掘り下げていきましょう。
 
 
 
 
 
 
 
 
雇う側の目的は
 
 
利益を出し、存続し続けること
 
ですね。
 
 
 
 
つまり、最大限の利益を出すには
 
 
 
 
なるべく安い賃金で
文句言わずに使いやすい人が
バンバン働いてくれる
 
ぶっちゃけ、そうですよね。

 

 
 世に貢献できる会社に・・・と設立しても、
継続して利益を出さなければ、
それができないワケですから。
 
 
 
 
 
 
では、雇われる側の目的はというと
大きく分けて3つあります。
 
 
①お金をもらう
②経験や技術を習得する
③気になる人がいる
 
 
 
ですよね。
 
ま、③はこの際置いといて・・・♡
 
 
 
 
①お金をもらうとは給料や福利厚生など含めて、
お金がなるべく自分のところへ流れるようにすること
 
 
 
 
できるだけ働かなくて、たくさんお金を
もらいたいのが本音ですよね☆
 
 
 
 
 
 
 
②は夢や将来のためですよね。
 
 
同じ職種だと「経験者優遇」となり、
いい条件で転職しやすくなるように
 
 
料理人や美容師さん、Webデザイナーが
独立しやすくなるように
 
 
お金をもらいながら、経験する場なんですね。
 
 
 
 
はい。
雇う側と雇われる側は、
目的、つまりゴール設定が
まったく別なんですよ。
 
 
 
 
雇う側からしたら、よそに行くために経験を積むとか
どーでもいい
 
 
 
 
雇われる側からしたら、利益を出し続けるとか
どーでもいい
 
 
というワケなんです。
 
 
 
あ、利益が出れば報奨金とかだと、
双方の目的が合致しますよね♡
 
 
ただ、よくあるノルマが達成したら報奨金ではなく、
「利益が出たら報奨金」ですからね。
 
 
 
思った以上に利益が出ちゃったら・・・
経営者としては、隠してしまいたくなりませんか?
 

f:id:rrryo719719:20180627141014j:plain

というワケで、最初の質問に戻ると
 
 
 
目的がまるっきり違うんだと認識して、
話し合い、お互い「まぁ、このあたりで」という
 
 
 
折衝点を見つかるしかない
 
 
 
 
 
 
人間同士なのできっと分かってくれる
 
 
という人類みな兄弟♡的な
淡い期待はしないほうがいいです。
 
 
私たち人間は同じゴールに向かう時、
初めて一体化できるんです。
 
 
でも、ゴール設定が違うんですから、
しょーがないですよね。
割り切るしかない。
 
 
 
なんかドライな気がするかもしれませんが、
ある程度の距離感があったほうが、
お互い期待しすぎないということなんです。
 
 
 
 
結論
 
 
 
 
 
雇う側は
 
使いにくくなったら、切るか
 
 
 
 
雇われる側は
 
経験を積むための期間限定にするか
とりあえずお金がもらえてるのでいいかと割り切るか
このあたりで自ら社長となるか
 
 
 
ご自身の人生、お好きな選択を☆
 
 
 
今日も読んでいただき、ありがとうございます♡