美楽薬膳Diary

本場中国の上海中医薬大学国際教育学院で学んだ中医学、薬膳、宇宙の根源である裏・陰陽五行論と宇宙の法則との関連性をテーマに”真の幸せとは何か”を実体験を基にお伝えしていきます。柴犬モモタロウと男の子のママ☆

運命が一気に動かされる時⑬〜ついに最終回☆ スパルタだが優しい神様からのメッセージとは?〜

f:id:rrryo719719:20180426170319j:plain

こんにちは、Ryokoです。

運命シリーズ、いよいよ最終回です!

書いてよかった!

我ながら楽しい人生だなぁ〜と
改めて感じました!
 

この機会をくださったブログの読者様、
本当にありがとうございます☆

 

 

そして一番伝えたかったメッセージ付き!
今、ドン底にいる方へ伝われば幸いです☆

 

 

 

 

前回まではこちら↓

この中から過去記事に飛んでください。

bigakuyakuzen.hateblo.jp



 

 前回に引き続き、エピソード形式でお送りします。

 

 

 

エピソード7:伊勢神宮へ行くのに、なぜか東京へ?

 


伊勢神宮の旅行計画はすべて彼がやってくれました。


10月初旬頃、中国本土は「国慶節」という建国記念日で
一週間ほどの連休に入ります。

 

彼は有給を前後にくっつけて長期休暇にし、
実家のある東京へ戻っていました。


伊勢は三重県なので、
上海からの空港は名古屋か関空ですよね。

 

なのでお互い行き帰りはバラバラの予定でした。










 

彼:

「上海発羽田着のチケットとったよ。
東京から名古屋まで新幹線で、
名古屋からはレンタカーで行こうよ。」



 

私:
「え?名古屋空港へ朝早くの便で、
そのまま合流したらいいんじゃないの?」




彼:
うん、ま、とりあえず東京においでよ。



私:
別にいいけど・・・。
ってことは帰りも羽田から上海に戻るの?



彼:
ま、そうなるかな。
最後は東京でゆっくりしようよ。





移動が面倒だなと思いながらも、
ま、久々の東京もいっか、と。
深く考えてませんでした。




 

 

 

 

エピソード8:彼がやたら「帰国」を連発する

 

 

 そんなこんなで当日。


羽田で彼と待ち合わせし、そのままモノレールと新幹線で
名古屋へ。


名古屋駅でレンタカーを借り、さっそく伊勢まで向かいます。


彼:
「あ、その車いいよね!
帰国したらアレにしよっかな。
あ、コレもいいよね。帰国したら乗りたいな。」


彼は上海移住の際、車を手放していました。
きっと車好きなんだろうなぁ〜と思っていたのですが。

ちょっとひっかかったのは

 

帰国したら


 

この言葉をやたら連発するんですよ。


ん?

ま、日本が恋しいのかなぐらいに捉えていました。



そんなこんなで伊勢神宮すべてと
ユミさんから託された朝熊山の八大龍王様に
無事、参拝することができました。

 

 
 

この頃の私はまだ上海に居れるとばかり思っていたので、
上海で◯◯ができますように〜みたいなことばかり
お願いしていました。

 

 

 

そして

 

 

この旅を通じて彼の優しさ、そして居心地の良さを
再確認することができました♡

 

 




私:
東京はどこに泊まるの?


 

彼:
実家のある◯◯の駅近くのホテルにあるバーが
すごく夜景がキレイなんだよ。
そこにしといたよ。




ん?◯◯??

東京といっても多摩地区なので、帰りの羽田まで遠いなと思いました。








 

 

エピソード9:バーで「ビルマの竪琴」??

 

 

  

ホテルに到着。
食事をし、最上階のバーへ。

ほろ酔い気分で楽しく会話していたら、突然





彼:
実はさぁ・・・・



 

私:
ん?


 

 

一緒にニッポンに帰ろう!!!

 

 

 

f:id:rrryo719719:20180427033608j:plain



「おーい水島!一緒にニッポンに帰ろう!!」



 

このセリフが頭をよぎり、
なんのこっちゃ分からん??


 

さらに!次に出た言葉が!!


 

というワケで。
明日、段取りしといたから。




は???

 

 

 

 

エピソード10:まぢで?彼の両親にご挨拶☆


 

 

私:
あの〜、どういうことでしょう??


 

彼:

ウチの両親と妹が来るから。
あ、豆腐懐石の店なんだけど、いいよね?


 

 

。。。。。。。。。。。

 

 

 

 

いやいや、
そこじゃなくて!!





私:
ちゃんと説明してよ!!!!





 

 

 

実はこういう筋書きが。


上海からの航空チケットを
羽田に変更したところまで遡ります。


 

彼の会社内で様々な派閥があり、
大きく異動が起ころうとしていたのです。



日本に一時帰国してすぐ、
本社の同僚からその情報をキャッチした彼は、
その流れで近々上海支社から外れ、本社に戻るだろうと。


 

だったら帰国と同時に結婚しよう、
東京の両親にも会わせておこうという
筋書きだったのです!!

 

 

 


ポカーンとする私。

 

 

 

はっ!!!


 

私:
さっきのビルマの竪琴は、

 

 

ももも、もしかしてプロポーズ?


 

 

彼:
ま、そうなるかな(^┰^)ゞ テヘヘ



 

そう笑いながらも、引きつった表情の彼。
だって、私の表情が引きつってたから。




彼:

「ね、帰るよね!

一緒に帰るよね!!汗!!!」


 

 

私:

しばらく考えた後・・・

 


「うん、そうだね♡」

 

 

そう頷いてました。

やっぱり私もオンナだな、と。


 

「結婚」とか「両親の挨拶」という言葉が
リアルに近づくと、ちょっとほんわかした気持ちになりまして♡




彼のご両親も年頃の息子が上海勤務になり、
また結婚が遠のいた・・・と思った矢先の
「紹介したい人がいる」で家中大騒ぎだったようで!




は?上海に住んでいる日本人??
なんじゃそりゃ???

 

華僑なの?
帰化した人?

 

でも苗字は日本人っぽいねぇ・・・。

様々な憶測が飛び交い、ドタバタ劇があったようです。


 

私はなんの用意もできなかったので、
普段着でドキドキのご対面☆

 

でも
 

 

あ、このご家族でよかった!!
そう感じました。


 

私もちょっと猫かぶり♡

緊張と嬉しさで、料理の味はまったく分からずでした☆
(今はかなりふてぶてしくなりましたが www)



 

 

 

エピソード11:帰国が近づいてまた感情ザワザワ



 

 
海外駐在をしたことのある人なら分かると思うのですが、
海外勤務は最低3年は帰国できません。

 

なので今回は1年目ちょっとで帰国という、
異例中の異例といえます。

 


案の定、上海に戻ってすぐ
正式な帰国命令が出ました。

 

 

 

でも

 

 


なんと帰国まで1ヶ月ちょっとしかなかったんです!
急すぎるよ〜〜〜!!




ここでまた感情のザワザワが。
やっぱ、まだ上海にいたい〜〜〜!!





イヤなこともいっぱいあった。

 

中国なんか大っ嫌いだ!
何度帰国してやると思ったか分からない。


でも

 
 
今となってはそんな記憶もすべて懐かしく、
近所の八百屋のおじさんとの会話とか、
なにげない町の風景が輝いて見え始めたんです▽`*)
 
 
なじんだ土地を離れることになった時のあるあるですね☆




 

ここで往生際が悪い私は、

 

「ビザがまだ残ってるし、私だけもう少し残って、

遅れて帰国してもいいじゃん!!」




でも、神様から



いいかげんにせんかい!!
このどアホ!!


 

 

最後にトドメの一発が起こるんです・・・。

 

 



エピソード12:ビザが強制終了?  はよ一緒に帰国せんかい!



 

以前の会社で取得した就労ビザが
そろそろ延長の時期に差し掛かってました。

 
 
帰国するなら必要ないのですが、
まだグダグダ抵抗したい私!!
 
 
「延長は簡単にできるから、いつでも言ってね!」
 
 
そう社長が言ってくれたので、
挨拶がてら以前の事務所へ。
 
 
「OK!じゃ、パスポート預かるね。
出来上がったらまた連絡するよ」
 
 
お礼を伝え、事務所を後にしました。
 
 
 
 
ところが、すぐにTELが。
 
 
 
 
「あ、Ryokoさん?
たいへん申し訳ない。
 
ビザの延長、できなくなったんだよ。
 
 
 
 
 
え?
 
 
 
 
「実はウチ、ちょっと前に社名変更したんだよ。
Ryokoさんのビザは◯◯会社の頃に出したもので、
今は△△会社になってるんだよ。
 
延長はあくまで同じ社名でしかできないんだよ。」
 
 
 
 
 
。。。。。。。。。。。。。。。。。。
 
 
 
 
私:
「今のビザの期限、いつまでになってました?」
 
 
社長:
「あ、えっと☆月*日までだね。」
 
 
☆月*日・・・・
 
彼と一緒に帰る予定の3日後でした。
 
 
 
 
ようは
 
 
 
私だけ残っても、
たった3日しかいられないということなんです。
 
 
 
。。。。。。。。。。。。。。。
 
 
 
 
 
すべてを悟りました。
 
 
グダグダいわんと、
はよ一緒に帰れってことですね。
 
 
 
 
 
ここまで来て、やっとすべてを手放しました。
 
 
人間ってお手上げ状態になって
やっと委ねるもんなんですね☆
 
 
 
 

エピソード13:お金もすべて準備されていた?

 
 
 
彼が勤務している上海支社の人たちと、
結婚の報告も兼ねて食事することに。
 
 
 
「え〜!!
スピード結婚なんですね!
おめでとうございます!!


 
本来は籍を入れてないと家族扱い
できないんですが、私からの結婚祝いとして
彼女の帰国費用(海外引っ越し代、航空チケット)も
出してもらうように掛け合ってみますよ。」



 
まぢで〜!!
 
 
 
 
海外引っ越し航空便は経験ある方は分かると思うのですが、
かなり費用がかかるんです!
 
 
 
ここでハッと気付いた。
 
 
 
私:
あの〜、
帰国してからの住まいはどーなるんでしょう?
つまりお金・・・。
 
 
 
 
海外は家具付き物件がほとんどなので、
家財道具はイワタ二のガスコンロ(9800円)しか
持ってなかった私 www
 
 
 
 
彼:
いいよ、新居や結婚費用は全部出すから。
 
 
 
 
 
おぉ!!!!!
 
 
 
 
 
なんでこんなに羽振りがいいのかというと・・・。
 
この時の彼は、すこぶるお金持ちだったんです!
 
 
「海外駐在員」とは企業の都合により海外勤務になるので、
手当がかなり手堅いんです。
 
 
 
さらに海外住むことになるので、税金(住民税、所得税)が
一切かかりません。
 
つまり、そのまま給料に上乗せとなるんです。
 
 
 
また外国人用マンションも家賃タダなので、
総体的に日本でもらう給料の約1.5倍に
なるといわれています。
 
 
 
その上、上海は物価が安いときたもんだから、
勝手に口座に貯まっていたというワケです。
 
 
 
 
 
++++  ++++  ++++
 
 


 そんなこんなで

ウチの家族には事後報告。

 

母はこの際結婚できるならどんな国の人でも構わん!
ぐらいだったので、日本人捕まえたとはでかした!と☆

 

 

さらに結婚費用はすべて出してくれるということで、
ボンビー家族としては大喜び www

 

スピード展開には驚かれましたが、
兄に謎の言葉を告げたあたりから
なんとなく分かっていたようです。

 

 

 

 

 

それからは休むヒマなく、いやもっと加速して

 

引っ越し準備

大学の手続き

友人たちとの別れ

起業のヒントをくれたMAXとの別れ

 

 

そして

 

 

もっとも悲しかったルームシェア仲間との別れ( ・̥̥̥  )

 

 

 

 

 

 

 

本当にありがとう〜〜〜( ´ ▽ ` )ノ

 

 

 

 

 

 

++++  ++++  ++++

 

 

 

 

そして現在。

 

f:id:rrryo719719:20180427133445j:plain

 私たち夫婦、そして毛むくじゃらの兄貴、
人間おとうとで仲良く暮らしています☆

 
 
 
未だに嫁入り道具はガスコンロひとつだったと
笑いのネタにされてます(*^-^*)
 
 
 
 
まもなく、この運命ストーリーは幕を閉じます。
 
 
 
最後に
 
 
なぜこのストーリーをお伝えしようと思ったのか。
 
 
 
 
それは
 
 
 
 
 
天命はドン底の時に降りてくる
 
 
 
 
 
ということ。
 
 
 
 
私の天命は父との経験と中医学、そして宇宙の法則を通じて
「生き方」をお伝えすることだと気付きました。
 
 
 
 
 
そしてもうひとつ
 
 
 
 
ドン底の自分から逃げずに、
とことん向き合うこと
 
 
 
 
 
職なし、金なし、家なしだった時、
ひたすら泣き、暴言を吐きまくりました。
 
 
 
 
バカ〜!
 
アホ〜!!
 
死ね〜!!!
 
 
 
 
 
 
 
ひたすら中から出てくる感情を
自分に言い聞かせてみたんです。
 
私は今、こんな感情で、
そしてこんな言葉を発したいんだよ、と。
 
 
 
 
 
ここで人に相談しない。
無理に明るくしようとしない。
エセポジティブにならない。
 
だって、つらいものはつらいんだから。
 
 
恥ずかしくて誰にも言えなかったというのが本音ですが、
しっかり自分と向き合うことができた。
自分で消化できた。
 
 
 
 
 
そしたら
 
 
 
開き直りという一筋の光が指して来たんです。
 
 
これを神様というのでしょう
 
 
 
でも
 
 
 
やりきらないと、神様は降りて来たくても
来れないんだと思います
 
 
 
 
今、ドン底の方。
どんどん下がり、不安になっている方。
 
 
 
 
 
 
大丈夫!
 
底は必ずあります!!
 
 
 
 
 
私のように、一気に反転します!!
だって人生は必ずそうなるんですから(*´▽`*)
 
 
 
 
 
長らくお付き合いいただき、ありがとうございました♡